☆12クリアランプ増やすことにずっと費やしてきたせいか、皿技術が鍵盤に比べて低かったので、ここ最近は皿曲を普段より多めに選曲してました。
そして、その成長を確認するための目標がCSEMP☆11ノマゲ残りの2つうちの1つであるnaughty girl@Queen's Palaceの黒anotherでした。

DSC_0431

というわけで、ようやくノマゲ達成。
穴譜面自体は結構前にハードしてたことを考えると難易度の差が相当ある感じでした。(世の中には鍵盤が増えた分回復しやすいって言う人いるらしいけど本当かよ……)
黒穴をハード出来るのはいつになることやら。

そして、☆11ノマゲ残りのもう1つがV2でした。これもイージーからだいぶ経ってました。

もういい加減ノマゲランプつけたいってことで、しばらくの間、正規で終盤を研究して、餡蜜で誤魔化すための運指を考えたりもしたのですが、どうにも押しにくくて手応えが無いままでした。
それで、改めて譜面を見返してみたら終盤の対称トリル地帯では画像の赤枠に見られるように2と3のトリルがほぼ絡んでいることに気づきました。
WS000073
なのでまずは2と3が左右の手で分業出来る譜面が当たりになりやすいことが分かりました。

また、画像の黄枠のように3と5がそれなりに同期してることも分かったので、先ほどの条件に加えて3と5が左右どちらかの手でさばける譜面であれば更に当たりになりやすいことがわかりました。

それを満たした一例が下の画像。(1356247)
WS000074
さすがに、トリルに完全な統一性は無いので、ガッツリ当たりというわけでは無いけど、少なくとも正規よりはクリアの可能性がある譜面になっていると思う。実は、1と7の位置によっては、これより押しにくい可能性が高くなるけど、後述の方法で譜面予測するのでこの際無視することにした。(書いてる段階で気づいたので、クリアランプつけた時はそこまで考えてなかっただけだけど)

そんなわけで、2つの条件を満たす譜面待ちをするわけだけど、これは最初の一小節目のトリルですぐ分かる。

WS000075

まず初めの35トリル。これは、3と5が左右どちらかの手でさばける譜面に関わる部分であり、ここが隣接か1つ飛ばしくらいで左右どちらかに偏ればいいことになる。ただし、4には置かれないようにしたい。
そして、次の26トリル。これは、2と3が左右の手で分業出来る譜面に関わる部分である。ここの少し判断が難しいが、まず、6262の順番なので、トリルのふたつ目が2ということになる。したがって、2と3を左右の手で分業するためには、このふたつ目のノーツが最初の35が偏った方と反対側に配置されれば条件を満たすことになる。

それを満たした一例が下の画像。
WS000076
先ほどの配置と同じ1356247で、35が左に寄り2が右に来ている。配置判断は2が少し難しいくらいで、慣れればすぐに出来ると思う。あとは、地力で押し切ればなんとかなると思う。

というわけで、V2ノマゲでした。
DSC_0432
この配置待ちの弱点は、皿複合地帯が難化することですね。乱は大体難化すると思いますけど。


Go Beyond!乱でノマゲ。
DSC_0433
上り階段皿複合地帯のあとから回復だと思うんですけど、いつもそこでの回復が出来てなくて本当にスカスカになってから回復し始めて間に合わないってパターンだった。
でも、今回の乱でいい感じに押しやすい譜面だったので回復量が存分にあってノマゲ出来ました。
相変わらず、中盤意味不明。

DOMINION鏡でノマゲ。
DSC_0434
そもそもは正規が当たりに近い感じらしく、実際道中もそこまで苦労なくイージーはすぐついたんだけど、ノマゲとなるとラストで削られてしまい、ボーダーに届かないことが何度もあった。かといって、乱にしても、道中がもう少し押しやすい感じになることもあるけど、ラストが難化して同じ結末を迎えていた。
で、そういえばやってなかったなって思って、鏡でやったらボーダーでクリア出来た。ラストはマグレ感はんぱないくらいの手応え無しのゴリ押しで奇跡的にゲージが残ったという状態でした。でもクリアはクリアだ。
中盤の発狂地帯?知らない子ですね。

そんなわけで、土日は実績が増えた二日間でした。次の収穫はいつになるだろうか。