日がな半日趣味暮らし( -∀-)y

主に麻雀や音ゲーを中心に綴ります。 あと、実際は半日も費やせません。

今年最初の目標であった三麻特上入りが達成できたため、再び、四麻鳳凰民を目指して戦いはじめました。

でも、三麻の打ちすぎのせいで、「長い」「だるい」「遅い」の三本立てになってしまったため、特南で打つのが面倒くさいという状態><

しょうがない(?)ので、特東で打っていくことに・・・

もともと、特東というか東風で打っていました。ただ、六段になって以降、ptの上がり幅よりも下がり幅の方がひどくなってしまったので、特東で打つのがこわくなり、ひより、特南で打っていました。実際、安定してましたしね。



とある1局

リー棒で決まる戦い1

オーラス、3着の上家と1000点差でこの配牌。できれば、役あり聴牌でラス回避したいところ。一盃口も見えるが、崩れやすい感じ。ピンフになるかどうか心配。789の三色も狙えるかもしれない。そんな手格好だ。


リー棒で決まる戦い2

上家に8pを切られた瞬間に、ツモ9m。「上家8p切るの早いよー><」とココロの中で叫びながら、ひとまず、789の三色一向聴にもっていく。

しかし、なかなかツモれず鳴けずの状態。そんな中、上家からリーチがかかる。「うわ、まずいなあ」と思いながら、しぶしぶ打っていると、数順後上家から、まさかのリーチ棒が・・・!
リー棒で決まる戦い3


もしこのまま親以外があがれば、席順で自分が3着ラス回避になる。こうなりゃ、下家はもちろん、対面だって仲間です。「おねがい誰か和了して!!」



リー棒で決まる戦い4



キタ――(゚∀゚)――!!


リー棒で決まる戦い5

とっても、美味しいラス回避でした・∇<)b
こういう展開は本当に嬉しいです。天鳳ならではの喜びかもしれません。

ここのコミュニティにオーナーと半荘一発勝負で勝って歌ってもらった「きっと次枠は...」

その歌詞を公開します。

この歌はフィクションです。実際の人物・団体とは一切関係ありません。
また、原曲を冒涜する意思もありません。



きっと次枠は...

ガル… ガル… My Heart 苦しいよ

「ホモじゃない!」なんてね ノーマルなフリしたり
アマガミも カモフラージュ 最大限の強がり

どうしてかな 服屋にいる… あいつのため おしゃれな服を…

次枠はきっと もう少し いつものような 笑い声で
元気いっぱい ぶっきらぼうに 「わこつー!」 なんて言っちゃうから

just a friend such a friend still a friend

ガル… ガル… I can't tell you my heart

わかってる 本当は ガルさんが気になるよ
なのにどうして こんな風に ノンケだと装っちゃう 

BL枠で 気づいたんだ… このままでは もういられないから

明日はきっと 昨日より もうちょっと素直なBOYになるよ
運営するよ 手伝うよ… 天鳳サンマリーグ エキデン
just a friend such a friend still a friend

(間奏)

次の枠の RTA(アールティーエー) ガルさんとの 恋愛成就

次枠はきっと もう少し いつものような 笑い声で
元気いっぱい ぶっきらぼうに 「わこつ!ー」 なんて言っちゃうから

明日はきっと 昨日より配信仲間以上の関係になりたい
ホモでもいいよ ホントにいいよ 恋する気持ちキラメク

just a friend such a friend still a friend

ガル… ガル… I will tell you my heart


こんな感じです。どうでしょうかw

SG 第2回 麻雀格闘倶楽部 麻雀トライアスロン 雀豪決定戦というのが開催されています。

麻雀トライアスロンとは、日本プロ麻雀連盟が主催している大会のことで、四麻の東風・半荘、三麻の東南のそれぞれのスコアを足して、優勝を争うものです。ようは、全部の試合形式が強ければ、それすなわち最強というわけです。いわゆる普通のトライアスロンと考え方は一緒ですね。

さて、この大会では、こちらで、「プロの一手」銘打って、プロのあんな和了やこんな和了が紹介されています。 感想は、twitterでつぶやいたんですが、こちらにまとめると・・・ 

麻雀格闘倶楽部プロの一手① 滝沢和典六段 気合で掴んだ三色同順

 「押しすぎに見えるんだけども・・・」

麻雀格闘倶楽部プロの一手② 山田浩之五段 これぞプロの底力

「安牌切りながら最後あんな手になるなんてずるい><」

麻雀格闘倶楽部プロの一手③ 黒木真生四段 忍耐の局

「忍耐の局っていうから、気合の降りやら回し打ちでもするのかなあと思ったらただの全ツだったw」

☆麻雀格闘倶楽部プロの一手④ さくらやよい二段 3秒の衝撃

「興味なくてもこれは見るべきwwwくそわろたwwwしかも最後咲のように煽りますwww」

麻雀格闘倶楽部プロの一手⑤ ジェン二段 大逆転の倍満

「大逆転ってたったの4500点差じゃねえかwwwそれになぜリーチしたしwww誇大タイトルっておそろしい((((;゚Д゚))))」

と、こんな感じです。特に、☆をつけた「麻雀格闘倶楽部プロの一手④ さくらやよい二段 3秒の衝撃」は、腹筋崩壊ものなので、「1局勝負のリプレイは興味ないなあ」という人でもぜひ見ていただきたい一品ですw

麻雀で笑えるって、いいよね。

最近、ヨーグルトにはまってます。特に飲むヨーグルト。

きっかけは、数日前の腹痛><

時たま、便秘的な腹痛に襲われて「うううっ」ってなるので、その度、「ああ、ちゃんと水分摂らないとなあ」とそれまでのことを後悔しながらトイレにこもり、水分摂り直すという遅めの無間ループでした。

でもやっぱ、これじゃいかんよなあってことで、蝶の調子を超整えることでお馴染みのヨーグルトの力を借りることにしました。

といっても、LPなんちゃらヨーグルトとかは、予算的に厳しいので、それなりのヨーグルトで我慢してます。

そのそれなりのヨーグルトでも飲むヨーグルトが好きなのです。食べるヨーグルトとは違うあの独特の風味が好きなのです。


ところでなぜ「飲む」ヨーグルトなんでしょうか?

例えば、薬の場合、「飲み」ぐすりですよね?「飲む」ぐすりではありません。

実は、この現象は、一時期流行った「食べる」ラー油も同じなんです。「食べ」ラー油ではないんですね。

これは、本来食べるものであるヨーグルトに対して「これは食べるんじゃなくて飲むんですよ」というのを強調する為にこのように表現しているらしいです。

ニュアンス伝わるかなあ・・・?

49.2 + 52.8 + 52.7 - 49 + 53.7 - 47.8 - 0.8 - 60.9 - 43.2 - 43.8 = -37.1

前半は、のりのりで、「こりゃ今月もいけるぜ!よっしゃああああ」
だったんですが、終わってみればこのざま・・・

ざっけんなあああああああああ

でも、しょうがないな。後半戦押し引きがぐちゃぐちゃになってた気がする。

もう少し、丁寧に打っていたら、せめてプラス域で維持できたんじゃなかろうか。

猛省したほうがいいわこれ・・・



チケットに欲を出すからこうなるんだな。


さて、なんの前触れもなくブログ更新したわけだけど、これから、ちょっとずつ更新していこうと思うので、ぜひ、チェックしてね!

↑このページのトップヘ